介護の仕事で役立つ初任者研修の資格を取る方法をご紹介

介護の仕事で役立つ初任者研修の資格を取る方法をご紹介

初任者研修を受講し支援を求める人に手を差し伸べましょう

勉強をする

近年、多様な働き方進み、非正規労働者が増加する中で未経験・無資格で従事される方も増えつつありますが、介護業界は「汚い・低賃金」などネガティブなイメージが先行してしまう事があると同時に「専門性が強く求められる難しい職業」というイメージにより、超高齢社会であるにも関わらず深刻な人材不足に陥っています。感染ウイルスの影響で失業された方や転職をお考えの方、また現在既に介護現場におられる経験の浅い方々には末永く「福祉」という尊い職業に就かれるのであれば、介護の基礎知識について確実に学ぶ事が出来る初任者研修の資格を取得される事を勧めます。介護現場はモチベーションを維持し続ける事もひとつの大きな課題となりますが、国家資格取得までは一定の年数が必要となり、志半ばでリタイヤする方も多いのが現実です。この初任者研修は未経験でも基礎から一定の専門知識まで習得する事が出来ます。就職の際にも、入職前に初任者研修を修了している事を提示すれば給与面でも優遇される事もあります。資格教室は全国各地、各市町村にある法人等が積極的に開催しており、平日、夜間、土日教室など多く設定されています。未経験・無資格で不安な気持ちを抱え従事されるよりも「私はプロだ」と自信を持ち、支援を求める方々に強く温かい手を差し伸べられるよう是非資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

Choice Articles

このページのトップへ